取材

October 13, 2019

 

先日は早朝からベルェベル美容専門学校(母校)に取材をして頂きました。(ありがとうございます。)


どうやら高校生が見るパンフレットに掲載されるみたいなんですが、


「それ、俺で大丈夫?」


これが率直の感想です。


私を見て美容師に憧れる高校生がいるのだろうか、、、


もっと若くて爽やか系男子もいるだろうに、私に依頼してくる辺り、ある種の狂気をベルェベルの広報部に感じている次第です。
 

 

 (狂気の皆様)


7年前にも同様の取材をして頂いたんですが果たして少しは成長した事をお伝えできたのだろうか、、、


美容業界は現状1年で50%が辞め、3年で70%が辞め、10年で90%が辞める、そんな業界な訳で(他業界も新卒が辞めるのは35~40%らしいが)
それは時代が変わり雇用条件や働き方が改善されてきた今でもその状況は変わらず、現実は沢山の方がこの業界を去っていきます。


この15年間1秒たりとも美容師を辞めようと思った事がないので辞める人の気持ちを深い所で理解する事は出来ませんが、



なぜに自分が辞めずにすんだのか改めて考えてみました。(最早この比率なら辞めずに済んだという表現の方が正しいかもなと)

 

 


根底のその時の自分の考え方として、

 


1、 一度決めた道を辞めたらダサい(結果出した方がかっこ良い)
2、 学費や仕送りを出してくれた親に申し訳ない(大阪で結果出して自慢の出来る息子になろう)
3、 後が無い(辞めたとて、俺の出来る事の少なさよ、この道極めよう)
4、 お客様への感謝(生かして頂いているのに無責任な事は出来ないし自慢できる担当美容師になりたい)
5、 上司に認められたい(憧れるし越えたい)
6、 売り上げあげたい(独立出来る根拠が欲しい)
7、 将来への不安(今頑張らないと未来はない)
8、 学歴コンプレックス(一流企業の人程過去に努力してきてない自分が今頑張らなくていつ頑張るの)
9、 只々上手くなりたい(憧れ)
10、 25歳で独立すると決めていた(目標)

 

そして周りの友人や同僚に恵まれていた(いつも会話は仕事の話、現状の目標の話、夢の話)


ざっくりこんな感じでしょうか、



全体的に「~したい」「〜になる」という上昇思考と目標が頭の中を埋め尽くしていたようにも思いますが、一番していた事は上記の事を思い込むという事でしょうか。

 

 

いわゆる自己洗脳です。

 

 

携帯の画面を目標を書き出した表にする、メールアドレスを出したい店の名前にする、自分の考えをブログで発信する、寝る前に目標を達成した時の事を妄想する、目標を人前で口に出す、

 

 

等のツールで頭の中に無駄な考えが入ってこれない状態を作っていましたので、あまり消極的な思考や否定的な思考、隣の芝が青く見えるという事はありませんでした。(思い込んでいたので常にやる気があった訳ではないです)

 

 

私はエニアグラムでいうと「タイプ8」、動物占いでいうと「動き回る虎」なのでそこに分類される人間の考え方だと思いますが、もし今現在目の前の仕事を辞めようと考えている人達は今一度ご自身をしっかりと分析して、向き不向きを考えたり、転職のリスクや今後の人生設計をしっかりと見つめ直して逆算して行動されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

自分の人生は他者に作られるものではなく自分自身で作るものなのだから。

 

 

 

 

山本諒二



大阪府大阪市東淀川区東淡路4-17-14ヤスミビル1F
uraniwa
TEL 0671625992
LINEID @bdl1288k

 

 

 

※2021年新卒生、中途アシスタント、中途スタイリスト募集しております!

お気軽にサロン見学にお越しくださいませ!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

消費税増税につき、

10月からカット料金のみ料金を上げさせて頂きます。

10月1日より

★一般カット→¥5000

★専・大学生カット→¥4200

★中・高校生カット→¥3850

となります、宜しくお願い致します。

____________________________________...

消費税増税につき

September 29, 2019

1/1
Please reload

最新記事

November 30, 2019

Please reload